予約制

8:00-18:00

​日曜日も営業。

休診日:月曜・水曜

 学会・研修などで

 休診する場合が

 あります。

​TEL​

099-813-8814​

アクセス
Access Map
​鹿児島市五ケ別府町3206-6-B202
自己紹介ニュースレター005のコピー.jpg
ジョージ ロゴ のコピー 2.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

鍼灸院・SAYURI 10.17.2018 早水丈治

よくある  

ご質問

はり師・きゅう師
​鍼灸学修士
​代表 早水丈治

(はやみずじょうじ)

​George Hayamizu

​鍼(はり)は痛くありませんか?

鍼(はり)と聞くと、まず最初に思い浮かべるのは注射の「針」だと思います。

当院で扱っている鍼は、注射の針よりも、かなり細いものを使用しております。

​そのため、注射が苦手な患者さんでも、問題なく受けられている方が多いです。

​鍼(はり)で病気に感染はしませんか?

当院では、施術前に必ず手指の消毒を行います。また、滅菌済みで、使い捨ての鍼を使用しますので、感染の可能性はありません。どうかご安心ください。

​それでも、刺されるのはちょっと。。。

刺されるのに抵抗がある患者さんは少なくありません。かという私もそうです。 ですので、当院では、刺さない鍼・当てるだけの鍼を用いて治療を行うこともできます。「刺さなくても効果あるの?」と思われるかもしれませんが、効果はあります。なぜかというと、私が大学院時代「刺さない鍼は腰痛に効果はあるか」という研究をしていました。結果は、刺しても、刺さなくても効果は、ほぼ同じでした。

​お灸(きゅう)は、熱くありませんか?

当院では、心地よい温かいお灸(きゅう)を行っております。

​お灸の痕も残さないようにしています。

熱いのが苦手な方はお気軽ご相談ください。

​お灸(きゅう)は、痕が残りませんか?

お灸(きゅう)には、わざとお灸の痕を残す方法もありますが。。。

​当院では、お灸の痕が残らないように治療いたします。

​それでも、お灸(きゅう)はちょっと。。。

「​直接お灸(きゅう)をされるのは、ちょっと。。。」という方も少なくありません。当院では、肌に直接乗せないお灸を準備しております。

また、お灸の煙の匂いが気になる方には、電気で温めるお灸も準備しております。

​お気軽にご相談ください。

​鍼灸(しんきゅう)も保険が使えるの?

はい。鍼灸(しんきゅう)も健康保険が使うことができます。

下記の症状がある方が適応になります。

1.神経痛(坐骨神経痛など)
2.リウマチ(急性または慢性で各関節が腫れて痛む)
3.腰痛症(慢性の腰痛など)
4.五十肩(肩の関節が痛く腕が挙がらないもの)
5.頚腕症候群(頚から肩、腕にかけてシビレや痛みがある)
6.頚椎捻挫後遺症…(過去に交通事故でむちうち症など)
7.その他、これらに類似する疾患など(詳しくはスタッフまで)

​健康保険で訪問してくれるの?

​はい。可能です。下記の方が対象になります。

・歩くことが難しい患者さん

・脳卒中などの後遺症でお身体に麻痺のある患者さん

・お身体に障がいをお持ちの患者さん

・ご自身の力ではご自宅を外出できない方

​その他、わからないことがありましたら、お気軽にご連絡ください。

​医師の許可が必要なのでは?

はい。医師の同意書が必要になります。無料体験には同意書は必要ありませんが、その際に同意書の詳細についてお話させていただきます。